カテゴリ:編集部コラム( 56 )
憧れのハワイ航路
アロ~ハ~!!って浮かれている私。新婚旅行でハワイに行ってきました。
 かなり久しぶりの海外旅行。旦那様と一緒にハワイを満喫し、プチ喧嘩もし、なかなか充実の4泊6日。ダイヤモンドヘッドに自転車で行ったときは、海岸沿いの道から見える海の景色がとても綺麗で感動。サンセットクルージングでは、大きなロブスターとハワイアンダンスに目がくぎづけ。それに初サーフィンでは、普段どんくさいと言われている私が上手く乗れたので、ちょっと汚名返上できましたよ。さすがアメリカだけにハンバーガーは美味しくて、かなりジューシー。大きいので食べるのに口や手までジューシーに。アイスやドーナツも食べたし、ステーキはボリュームたっぷりで、毎日ほぼ食い倒れ状態。
 何より私がこの旅行で1番こだわったホテルは予想どおりすっごく綺麗で、どの場所も絵になりました♪ホテル内のビーチに面しているバーは波の音が心地よくてカクテルがおいしいんです。すぐ目の前に広がるワイキキビーチに遊びに行ったらテレビで見るより波が高く、ザッバーンって激しく打ち寄せています。旦那様と一緒に飛び込んで、遠くからやってくる波を見て「来た来た来た~!!」と叫び、波にもみくちゃにされて遊びました。周りでもカップルや子供達がぐちゃぐちゃになって楽しそう。このなんだか開放的な雰囲気にはまって、毎日夕方には、「チャプチャプしに行こう♪(決してチャプチャプではないが・・・。)」とビーチに繰り出していました。 そんなこんなで毎日食い倒れて遊びまくったハネムーン。すっごく楽しい思いをさせてもらいました。みなさんありがとうございました。
※帰国して食べた、ご飯とお味噌汁がすっごく美味しくて、日本人を実感しちゃった私達でした。
                                         by umpa
[PR]
by hakuba_joho | 2008-06-26 17:03 | 編集部コラム
里帰り日記
先日ダンナの実家のあるオーストラリアに里帰りしてきた。そもそもの話の始まりは、昨年の春、義母からの1本の国際電話。
「来年私、70歳になるし、誕生日パーティを開くねん。ほんであんた達もそれに参加せなあかんから、絶対に帰って来い。というか、帰ってくることになったから。」
こうして1年前より予定されていた今回の里帰り。
実質10日間くらいの里帰りだったが、そのうち4日間は母の誕生日パーティ。1日目は、近所の人とのパーティ、2日目は、ゲストが70人以上集まった大パーティ。3、4日めはピクニックとトレッキングと、なんとも義母らしいパーティだった。
しかしながら私の英語ってお酒を飲まないと上手く喋られない酔拳英語。なのでパーティの序盤は大人しくしていたが、知らんおっちゃんおばちゃんの質問攻撃に、徐々に本領を発揮し。良い嫁らしく笑顔で接客。おかげで評判も上々だったようで、今年の夏に早速何人か白馬に遊びに来るつもりになったらしい・・・。
こうして母のパーティはつつがなく終了したが、その後は編集室の女子達に頼まれた「レモンマートル」のエッセンシャルオイルを探すため、メルボルンの町中を歩きまわった。話ではどこでも売ってると聞いていたが・・・、あれへんがな!(怒)
とにかく雰囲気的にありそうな店で尋ねるも、店員さんに「多分あそこならあるで」と言われては次の店で「うちはないけど、あそこやったら」とタライ回しにあった挙句、5軒目でようやく入手。
でもそのおかげで久しぶりにメルボルンの街をがっつり歩いて、以前住んでいた時のことをほんのり思い出し、よく通ったコーヒー屋や古着屋でのんびりすることができた。こうしてバタバタ里帰りはあっと言う間に終了し、後には、南半球の日焼けの跡が残っただけだった。   BY 二拾九
[PR]
by hakuba_joho | 2008-05-15 16:09 | 編集部コラム
石ヲタク道
数ある天然石の中でも私はとりわけクリスタル(水晶)が好き。何故かというと100年に1mmというスピードで成長する自然の神秘にすごく魅力を感じるからだ。現在私たちが手にしているクリスタルも良く考えてみれば数千、数億年という気の遠くなるような歳月をかけて、この世に存在している。そんなクリスタルの奥深さ、また面白さに私は惹かれるのだ。
 最近は嬉しいことにクリスタルを使ったヒーリングやセラピーが盛んで石好きな私には嬉しい限り。先日も前から試してみたかったクリスタルリフレクソロジーに初挑戦。指の関節や足裏をクリスタルを使って刺激していくのだが、これが実に痛気持ちいい~♪最初は固かった足が次第に柔らかくなって血行が良くなっていく。時折予想外なツボに入ると「あいたたた」となることもあるが、施術後は驚くほどに足がスッキリ!!石の波動を感じたのか身体は勿論、心までデトックスした気分になった。 
 そんな石ヲタク生活を楽しんでいる私だが、普段は手軽に身につけられるネックレスやブレスレットで石を楽しんでいる。昔から石には特有のエネルギーがあり、また不意に選んだ石には自分に必要なパワーが秘められているという。もし「ふと目に付いた」とか「何となく気になる」とか、そんな石に出会ったのなら、それは自分にとって必要な石。「何でその石が気になったのだろう?」、「この石にはどんな意味があるんだろう?」とその石について調べてみるだけでも、面白いのではないかと思う。
[PR]
by hakuba_joho | 2008-04-21 10:11 | 編集部コラム
目が悪かった私の話 その後
お正月休みを利用して視力回復手術をしてきた私♪そのことを話すと聞かれる質問は「痛かった?」がダントツに多い。レーザーで眼球を削る手術なのでやっぱり気になりますよね~。ではお答えしましょう!ズバリ「痛い!」です。術中はもちろん、手術後の私はフラフラで立ってる気力もなく食欲もなく目の前のかすみもとれず一人では歩けない最悪状態でした。付き添ってくれた旦那様に支えられて電車に乗り込んだものの、空席がないので床にしゃがみこみ、やっとの思いでホテルに到着…。ウサギもビックリなほど目が真っ赤!多分眼球から出血してたんだろうなぁ。部屋で休んでいても痛みが引かず、仮眠禁止が結構辛い。気になるのは手元にある「痛み止め」でも「なるべく使わないで下さい。使っても3回まで。」と言う看護婦さんの言葉が引っかかる。その理由は「傷の治りが悪くなるので」との事。成分が強いんだろうな~。中には手術前の内服薬も飲まない方もいるんだとか・・・。でも我慢できなかったので点眼薬を1滴ずつ使う。すると嘘みたいに痛みが消え、突然元気になった私は夕飯を食べに外出いたしました♪寝る時は目を保護するプラスチック製の眼帯を紙テープで目の周りに固定。トンボの眼鏡のようで怪しさ満点。おまけに痛み止めが切れ地味な痛みと貼ってる紙テープのかゆみでなかなか寝れませんでした。寝たり起きたりしつつやっと次の日、まだ違和感は残ってるものの視力回復は成功!なんと上野動物園に行ってパンダに新年の挨拶し都内観光も満喫しちゃいました。
 さて!これから手術を考えてる皆さん(いるかな?)私は術中も術後も痛かったのですが、同じ時に手術を受けた方たちは私がぐったりしてる横を平気な顔でスタスタ帰って行きましたよ。なので個人差があるんだなぁ~と実感。眼内出血もありメイクも控えるため、しばらくは見た目も悲惨でしたが2ヶ月経過した今は普通に生活してます。旅行もスキーも水泳もできちゃうのだ!ちなみにクリニックの人には紹介した友達が割引になる券を渡されました。どこのクリニックもいろいろ考えるものですね~。と、言うことで視力回復手術に興味ある方はぜひ、いろいろ調べて納得し、そして良ければ私の体験談も心の隅っこに
置きつつ受けてみてくださいね~♪   by シャネル
[PR]
by hakuba_joho | 2008-03-19 11:07 | 編集部コラム
目が悪かった私の話
 寒いこの季節、外から帰って家に入ると目の前が真っ白!大好きなラーメンを食べようとして目の前が真っ白!初めて入る温泉の洗い場でシャワーが出るのか水なのかお湯なのか分からず四苦八苦…
 コレは眼鏡生活の人なら誰でも経験したことがあるのではないだろうか?そんな私も経験者の一人。メガネをかけ始めたのは小学校4年生の頃。クラスには私ともう一人の男子しかメガネをかけていなかった。担任の先生に「今日から丸山さん(私のコト)は眼鏡をかけます。よろしくな!」と余計なお世話で紹介してもらい壇上で眼鏡姿を披露。なぜか拍手を受けた苦~い思い出付き。高校生でソフトコンタクトレンズデビュー!しかし花粉症になり目薬の関係上ハードレンズに変更、その違和感に目をウルウルさせていた時期もあった。そんなこんなで時は流れ、ますます視力が悪くなった私は、コンタクトレンズか眼鏡なしでは日常生活を送るのも不便になりつつあった。
 そんなある日、長時間コンタクトレンズをしていてウサギちゃんのように目を真っ赤にしていると、知人が「視力回復手術」を教えてくれた。以前から手術の事はかすかに知っていたが「かなりの高額!」「失敗したら危険!」などと思い込み、なかなかちゃんと調べたことがなかった。しかしこの知人は夫婦で東京へ行って視力回復を果たしてきたのだ!体験談を聞くこと数時間、いつの間にやら子供たちも保育園から戻りあたりも暗くなった頃、私の心は視力回復手術を受ける気になっていた。善は急げとばかりに帰宅後さっそく予約の電話をすると「妊娠中と授乳中は手術できません」とつれないお返事・・・。当時まさに乳飲み子を抱えていた私はあきらめるしかなかったのだ。でもいつか受けよう!と心に誓って過ごしていた。そしてある朝、指先でコンタクトレンズが音もなく割れた。「今が一歩踏み出す時だ!」と勝手に熱くなった私はその2週間後東京に降り立ったのだ。手術を受けて今日で1ヶ月経過。0.03しかなかった視力は1.2に回復している。手術体験はまた後日・・?!
                                              by シャネル
[PR]
by hakuba_joho | 2008-02-15 16:47 | 編集部コラム
『銀色のシーズン』公開!
1月12日に公開された「銀色のシーズン」。白馬で撮影されていたのを知っていた私は、公開される前から楽しみでしょうがなかった。だって知ってる場所がスクリーンに出てくるってことは、普段観るのと違う目線で映画を観れるということ。なんだか映画関係者の気分。 映画が始まり、スクリーンに大きく白馬三山が出てきた。いつも見ている景色だけどなんだかドキドキ。次に滑るシーンが出てくる。雪しぶきがあがりとても躍動感のある映像だ。上から下からといろんな角度から撮られていて、観ていると自分も滑っているみたいな気分になる。(スキーってカッコイイ♪)
 ストーリーは、笑いあり、涙あり、感動ありで、どんどん話が展開していくから、ぐいぐい引き込まれる。「バカな雪猿達の話」とだけ聞いていた私は、もっとチャラチャラした映画だと思っていた。が、思わず涙ぐむシーンや熱いシーンもあって感動した。あと役者さんたちの滑るシーン(吹き替えじゃないところ)は、特訓しただけあって上手く撮れていた。去年八方で練習している役者さんを見たから、なんだか「頑張ったなぁ~。さすがプロ。」なんて感心したりもして・・・。他にも、ライトアップされた雪の教会がとっても綺麗で私も行ってみたいと思った。
 面白いのは、パラグライダーでジャンプ台から飛び出し、八方を飛んでいいもりに着地というのが一つのゲレンデという設定だったり、対岳館(映画では花みずきという旅館)の中に五龍舘の部屋やスキーロッカーがあったりという白馬村民ならではの発見。白馬をよく知る方は、いろんな意味で観てみる価値ありだと思う。
 今年の冬、映画を通して多くの人が白馬を知ってくれたら嬉しい。そして白馬が「銀色のシーズン」で盛り上がるといいなと思う。それで、村民ならではの細かーい所を見つけて、「あそこかー!」とか「そうそう!」なんてマニアックに話してみたい。
と思っている。   by umpa
[PR]
by hakuba_joho | 2008-01-18 10:00 | 編集部コラム
あなたのオーラは?!
オーラソーマって知ってますか?

2色に分かれたボトルが目の前にズラリと並んでいます。
それを直感で4本次々に選んでいくのです。

選んだボトルのカラーによって
「本当の私」「過去」「現在」「未来」がわかるというものです。

さっそく編集室みんなでとりかかってみました!!
「この色きれーー!!」
「大人っぽい!!」
「私は選ばないなぁ~・・・」
いろいろ言いながらも
みんなが選んだのを見てみるとやっぱ個性がでて楽しい(^^)

淡い色ばかりをチョイスしたり、派手な色を選んだり、
似た色を選んだようでも並べてみると変化があったり・・・

色っていろいろなパワーがあるらしいですね~
興味ある方是非やってみてくださいね~(^^)/
e0053491_1763146.jpg

[PR]
by hakuba_joho | 2008-01-11 17:06 | 編集部コラム
営業中です~!!!
今日は営業に回ってきましたよぉ~(^^)

実は営業ってドキドキしてしまうのでオーナーさんと
話してるだけで
「暑いね・・・」となってしまいます。

癒しのお店やたこ焼きやさんログハウス屋さん美容院に
酒屋さんにカラオケ屋さんに教会や灯油屋さん・・・・

白馬はほんと色々なお店があるな~と改めて実感!!!

広告はまだ取れなかったですが
みなさんラプラースのHPやチラシに興味を持ってくださいました!!
(色々やってるのよん♪)
今日まいた種がいつか芽が出て花が咲くといいなぁ(^^)


「広告いかがっすかーー?????」
[PR]
by hakuba_joho | 2008-01-09 17:39 | 編集部コラム
お客様三昧
最近、我が家に海外からお客様がやってきた。
 1人目は9月に来た家人の母、2人目は家人の兄のお友達。二人とも2週間ほど日本に滞在し、義母はずっと白馬、友達は2泊3日の滞在だった。日本人的旅行ならば、まったり温泉に入ったり、ちょっと早めの紅葉狩りなどの簡単な観光をするのかなぁと思っていたら、大間違い。
 義母は、到着早々、三山縦走に出かけて行き、当初の予定よりは短縮して下山してきたものの、平気な顔をして帰ってきた。その後もサイクリングに行ったり、大出のつり橋周辺を散策したりとなんともアクティブ…。温泉にも毎晩通いつめ、帰るころには手ぬぐいひとつで出かけていくまでに…。友達も初めは温泉に入るのを結構恥ずかしがっていたけれど、いざ入ってみると、温まるし、疲れは取れるし、当初の恥ずかしさも温泉の魅力に吹き飛び、すっかり温泉ファンになっていた。
 ところで、グリーンシーズンにやって来た我が家の客人には、登山の他にも、姫川源流までのサイクリングもオススメしている。白馬駅周辺から程よい距離(?)で、途中長谷寺を見物したり、村内に点在する茅葺のお家や土蔵を見たり、稲穂やそばの実を写真に撮ったり、とてもローカルな魅力がぎっしり詰まっているからだ。そして帰りはサイクリングで疲れた足を、足湯に浸せば、リラックス♪これだけでも半日有意義に過ごすことが出来る。
 東京や京都もいいけれど、白馬にはささやかだけれども、素朴な古来の文化とそれに根ざした人の営みが見えるところが、外国人には一層美しく思えるそうで、満足顔で帰国した。
 ついでに帰り際、2人は揃って「こんな良いところに住めるあなた達がすごーく羨ましい」と20回以上は連呼していた。
 今年の冬もオーストラリアをはじめとする外国の方がたくさんいらっしゃるようだが、その人たちには是非とも冬以外のシーズンにもまた来てもらって、1年中白馬を満喫してもらいたい。BY 二拾九
[PR]
by hakuba_joho | 2007-11-15 14:54 | 編集部コラム
はぐれ編集員こだわり派
 あらゆることにこだわりを抱き、家人を辟易させている私。毎日使うものには、特にうるさい。例えば寝具。人生の約3分の1を寝て過すと考えれば、質の良い眠りを求め、こだわるのは当然である。
シングルベッドに枕は3つ。頭に2つ、足に1つだ。頭用には低反発枕と羽毛枕を、脚用には綿とビーズの枕を使用中。『肌に触れるものには天然素材』をモットー(但し、寝具類に限る)に、シーツにはコットン100%のものを、パジャマにはシルク100%のものを愛用。シルクパジャマというと、ちょっと贅沢に聞こえるかもしれないが、相当長~く着るので、かえって貧乏くさいぐらいだ。おしりの部分の縫い目が裂けているのに気付かず、家人に大笑いされたことも。
こと『パジャマ』に関しては、特にこだわりがあって、手触りはもちろんのこと、他にもいろいろと決まりが。いくらシルクでもパジャマはパジャマ。洗濯機洗いに耐えうるしっかりとした生地でなくちゃ。また、パジャマによくある開襟シャツもダメ。体が薄っぺらい私には、開襟の開きが大きくなってしまい、気温の低い時期には、そこが寒いのだ。ズボンのゴムは、細いもの1本だとウェストがリラックスできないので、太ゴムか、細ゴム2本どりのもの。くるみボタンのように厚みのあるボタンは、うつ伏せに寝た時に痛いのでパス。これらは、いろんなパジャマを着るうちに学習していったことだが、シルクパジャマ初心者の時には、SILKのタグにだまされたことも。夏涼しく冬暖かいはずなのに、蒸れて暑いだけで着心地が良くない。タグを見直すと、タグの裏にYの文字。これってSILKYじゃん。あんまりだ…。今なら触ればわかるので、こんな失敗はないのだが。
 紆余曲折を経て、数年前、旅行中の香港で、ついに理想のパジャマを発見!生地もデザインも申し分ないし、なにより日本で買うよりも安い。1着購入し、1年後に、もう1着。この時は、他に連絡方法が見付からなかったので、手紙を書いて送ってもらった。その翌年に、もう1着。この時はインターネットから購入が出来るようになっていて、やりとりが楽に。
 しかし、届いたパジャマは、開襟。デザインが変更になっていたのだ。しかも、生地が少し薄い。がっかりだ。また一から探し直しである。『果報は寝て待て』通り、寝ている間に理想のパジャマが見付かると良いのだが、残念なことに、見付かるどころか痛む一方。どうか、次のパジャマが見付かるまで、お尻の縫い目が裂けませんように。 byF2
[PR]
by hakuba_joho | 2007-10-15 11:58 | 編集部コラム



白馬村にある地域密着情報誌ラ・プラース!女性だらけの編集室内であんなことや~こんなことをつづっています♪白馬・小谷の旬な情報が手に入るかもよ~?!
by ラ・プラース編集室
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
編集員のあれこれ
取材あれこれ
白馬の飲食店
小谷の飲食店
白馬あれこれ
小谷あれこれ
イベント
次号予告
編集部コラム
以前の記事
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
リンク
毎月2回発行『ラプラース定期号』のWEB版だよ
pt9.jpg

白馬村・小谷村のローカル情報が盛り沢山!!
自然の宝庫、信州・白馬村と小谷村。私たちの大切なふるさとをご案内します。

ランキングに参加中♪
人気ブログランキングに参加しています♪応援宜しくね!

QRコード


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧